沿革

明治28年5月2日 株式会社紀陽貯蓄銀行設立(資本金5万円)
5月3日 和歌山市米屋町6番地で営業開始
明治45年 7月 本店を現在地(和歌山市本町1丁目35番地)に移転
大正 8年 8月 本店新築、落成
大正11年 1月 普通銀行に転換、商号を「株式会社紀陽銀行」に改称
「紀伊貯蓄銀行」を新設、貯蓄業務を譲渡
昭和20年 6月 紀伊貯蓄銀行を合併
昭和21年 8月 新宮支店を開設し、和歌山県内全域に営業網を拡大
昭和23年11月 県外店舗第1号として五条支店開設
昭和29年 5月 本店新築、落成
昭和34年10月 東京事務所開設
昭和35年 4月 和歌山県金庫の事務取扱開始
昭和36年 5月 外国為替業務取扱開始
昭和38年 4月 東京支店開設
昭和45年 1月 事務センター竣工
5月 大阪紀陽ビル竣工
昭和47年 6月 第1次オンライン(普通預金)スタート
昭和48年10月 東京・大阪両証券取引所第二部に上場
昭和50年 3月 東京・大阪両証券取引所第一部に昇格
5月 全店総合オンラインシステム完成
昭和54年 2月 第2次総合オンラインシステム稼働
昭和56年 2月 新事務センター竣工
11月 海外コルレス業務開始
昭和58年 4月 公共債の窓口販売開始
昭和60年 6月 債券ディーリング業務開始
昭和62年 5月 紀陽東京ビル竣工
6月 担保附社債信託法に基づく担保附社債受託業務開始
10月 第1回国内無担保転換社債100億円発行
昭和63年 3月 第3次総合オンラインシステム稼働
平成 3年10月 VI(ビジュアル・アイデンティティー)導入
平成 5年 5月 新総合オンラインシステム稼働
9月 信託代理店業務開始
平成 6年 9月 紀陽堺ビル竣工
平成 7年 5月 創立100周年を迎える
8月 財団法人紀陽文化財団設立
平成10年10月 「紀陽住宅ローンセンター」オープン
12月 投資信託窓口販売業務を開始
平成11年 5月 和歌山県商工信用組合の事業譲り受け
12月 第1回優先株式344億円発行
平成13年 3月 ISO14001の認証(本店)を取得
4月 損害保険の窓口販売業務を開始
平成14年 3月 第三者割当増資による普通株式238億円発行
10月 生命保険の窓口販売業務を開始
平成16年 9月 紀陽東和歌山ビル竣工
平成17年 3月 和歌山銀行と「経営統合に関する基本合意書」を締結
4月 証券仲介業務を開始
12月 和歌山銀行の公的資金優先株式120億円を買い取り
平成18年 1月 東京・大阪両証券取引所における上場の廃止
2月 和歌山銀行と共同株式移転方式により、持株会社「株式会社紀陽ホールディングス」を設立、その子会社となる
3月 第三者割当増資による第2回優先株式80億円発行
10月 和歌山銀行と合併
11月 第三者割当増資による第二種優先株式315億円発行
平成22年 5月 新基幹系システム(Bank-Vision)稼働 
平成24年 9月 第二種優先株式を一部(154億円分)取得し、消却
平成25年 9月 第二種優先株式を全額(残161億円分)取得
10月 紀陽ホールディングスと紀陽銀行が合併(存続会社:紀陽銀行)
平成27年 4月 第4次中期経営計画スタート
5月 創立120周年を迎える
平成29年 6月 監査等委員会設置会社へ移行

旧紀陽ホールディングス沿革

ページの先頭へ戻る