1. 紀陽銀行ホーム>
  2. 紀陽銀行について>
  3. 責任ある投融資に向けた取組方針

責任ある投融資に向けた取組方針

責任ある投融資に向けた取組方針

株式会社 紀陽銀行

1.通則

 本業である投融資業務を通じて、お客さまとともに地域社会の持続可能性の向上に貢献することは、当行の地域金融機関としての使命である。環境・社会問題が深刻化する中、融資業務運営上の守るべき規範等を定めた「融資の基本姿勢(クレジットポリシー)」のほか、「環境方針」や「紀陽フィナンシャルグループ行動憲章」を踏まえ、環境や人権等社会的課題に配慮した投融資判断により地域社会の持続的な発展に貢献することを目的とし、責任ある投融資に向けた取組方針を制定する。

2.基本方針

 投融資の取組にあたっては、ESG(環境・社会・ガバナンス)の視点に配慮し、社会の持続的な発展、社会的課題の解決に努める必要がある。
 そのため、環境、社会に対してリスク、負の影響を与える投融資については慎重に判断し、その影響を低減・回避するよう努める。
 一方で、環境・社会問題に真摯に向き合っている取引先に対しては、地域金融機関として適切な知見の提供や積極的な支援を行う。

3.特定の業種、セクターへの対応方針

 上記方針に加え、環境や社会に与える影響が大きいと考えられる、下記に示す特定の業種、セクターに対して投融資取引を行う際には十分に留意する。

(1)兵器

戦争等に使用される殺戮・破壊を目的としたクラスター弾など非人道的な兵器の製造に関与している企業への投融資取組は行わない。

(2)石炭火力発電

石炭火力発電は他の発電方式に比べ温室効果ガスの排出量が高く、気候変動等への影響が懸念されるため、新設の石炭火力発電所建設を資金使途とする投融資取組は原則として行わない。ただし、災害時対応等でやむをえない場合、国のエネルギー政策等による高効率の発電所建設の場合などは、慎重に検討する。

(3)森林伐採

森林伐採を伴う資金使途に対する投融資に取り組む際には違法伐採でないか、また環境への影響や地域社会とのトラブル発生有無等について確認のうえ、慎重に検討する。

以上

ページの先頭へ戻る