1. 紀陽銀行ホーム>
  2. 紀陽銀行について>
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

紀陽銀行取締役頭取 松岡靖之
紀陽銀行取締役頭取 松岡靖之

 皆さまには平素より紀陽銀行をはじめ紀陽フィナンシャルグループをお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。
 さて、昨今の国内経済につきましては、世界景気の回復を背景に企業収益が改善し、設備投資に持ち直しの動きがみられる中、個人消費においても、雇用・所得環境が堅調に推移するもとで底堅く推移し、緩やかな回復基調となりました。また、先行きについては、アメリカの政権運営や、中国やアジア新興国等の経済の不確実性など、海外の政治・経済動向に一部不透明感は残るものの、国内の企業収益や設備投資の底堅さを背景に、引き続き雇用・所得環境の改善傾向が続くもとで、緩やかながらも回復基調が持続することが期待されております。
 一方、地方経済は少子高齢化の進展や人口の減少などによる社会的構造変化が進む中、地域金融機関におきましては、金融仲介機能の発揮はもとより、積極的な地方創生への取り組みを通じ、地域とともに成長する持続可能なビジネスモデルの実現が求められております。
 このような中、当行グループは目指す銀行像「銀行をこえる銀行へ(お客さまの期待や地域の壁をこえ、銀行という枠をこえることを目指す)」の基本方針のもと、地域の皆さまに対するより一層の金融仲介機能の発揮や本業支援の強化を通じて、皆さまの発展および地域経済の活性化に貢献できるよう努めるとともに、地元地域における当行の存在感の向上を目指し、全役職員が一丸となって積極的に取り組んでまいります。
 今後とも変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

平成29年6月

ページの先頭へ戻る