1. 紀陽銀行ホーム>
  2. そなえる>
  3. 相続手続きのご案内

相続手続きのご案内

お亡くなりになられたお客さまには、永らくのお取引をいただきましてまことにありがとうございました。謹んでお悔やみ申し上げます。

紀陽銀行で行っていただく相続手続きについてご案内させていただきます。

1.相続のお申し出

お取引店もしくは最寄りの支店窓口にご連絡ください。

2.必要書類のご案内

お取引の内容、ご相続の方法によりご用意いただく書類が異なりますのでお申し出いただきますと具体的な提出書類をご説明させていただきます。

主にご準備いただく書類は以下の通りです。

ご準備いただく書類

  • 戸籍謄本
    • ・ お亡くなりになられた方の戸籍謄本
      お亡くなりになられた方(被相続人様)の出生から死亡までの連続したもので、除籍の記載があるもの。
      被相続人様の届出住所と戸籍謄本等の本籍地が異なる場合は、つながりを証明する戸籍の附票または住民票の除票
    • ・法定相続人様の戸籍謄本
      被相続人様の戸籍謄本から法定相続人様が除籍されている場合は、相続人様の現在の戸籍謄本(抄本)
      相続人様が兄弟姉妹となる場合には、被相続人様の両親(第二順位の相続人)の出生から死亡までの連続した戸籍(除籍)謄本
      代襲相続等の場合には、被代襲相続人様の戸籍謄本
  • 相続手続依頼書(当行所定の用紙がございますので、担当者にお申しつけください)
    相続人様全員の署名および実印の押捺をお願いいたします。
  • 各相続人様の印鑑証明書各1通(発行日より6ヶ月以内のもの)
  • 相続預金にかかる通帳・証書・カード等
  • 相続人代表者様の実印及び本人確認書類
  • その他(該当する場合に必要となります)
    • ・預金名義を変更される場合
      新お届印
    • ・非課税預金を相続後も非課税で取扱う場合
      相続人様が非課税対象者であることを確認できる公的書類
    • ・相続放棄をされた相続人様がいる場合
      家庭裁判所への相続放棄申述受理証明書等
  • 次の場合は担当者にお問い合わせください
    • ・遺産分割協議書を作成されている場合
    • ・遺言書がある場合
    • ・審判調書謄本、調停調書謄本、和解書謄本及び確定証明書がある場合
    • ・相続人様の中に未成年者、被保佐人、被後見人がいらっしゃる場合

3.「相続手続依頼書」のご提出

お取引店もしくは最寄りの支店窓口にご連絡ください。

4.計算書・通帳等のお受け取り

相続手続完了後、完了のお知らせと共に計算書・通帳等をお渡しさせていただきまして完了となります。

遺産整理業務

相続に関するさまざまなお手続きを相続人の皆さまに代わって承ります(信託銀行または信託会社にお取次ぎいたします)。

ページの先頭へ戻る