1. 紀陽銀行ホーム>
  2. かりる>
  3. 住宅ローン>
  4. 長期固定金利型住宅ローン【フラット35】

長期固定金利型住宅ローン【フラット35】

独立行政法人住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用したローンです。

特徴

独立行政法人住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した住宅ローンです。

お客様の住宅ローンは、融資実行後、独立行政法人住宅金融支援機構が買い取ります。
証券化支援事業についてはこちらをご覧ください。

最長35年の固定金利の住宅ローンです。

お借入時にご返済額が確定しますので、将来にわたって返済計画が立てやすくなります。

最高8,000万円まで借りられます。

融資額については地域の制限はありません。

耐久性など一定の基準を満たした住宅が対象です。

検査機関が安全性、居住性、耐久性について検査しますので、住宅の質に対して信頼をもてます。

繰上返済手数料・保証料はかかりません。

一部繰上返済は、100万円以上であることなど一定の条件を満たした場合に行うことができます。
(1ヵ月以上前のお申し込みが必要となります。)

ご利用いただける方
(ご利用いただけるお客さま)
・お申込時の年齢が70歳未満の方(親子リレー返済をご利用される場合は、満70歳以上の方もお申込みいただけます。)
・日本国籍の方または永住許可を受けている外国人の方
お使いみち ・ご本人さまが所有および居住するための新築住宅の建設または新築住宅、中古住宅の購入資金
・ご親族さまが居住するための新築住宅の建設または新築住宅、中古住宅の購入資金
・借換資金(リフォーム資金は除きます) ※紀陽銀行で住宅ローンをご利用中のお客さまは、お借換することができません。
お借入金額 100万円以上8,000万円以内(1万円単位) ※借換の場合は上記金額以内で、借換対象となる住宅ローンの残高または担保評価額の200%のいずれか低い額となります。
お借入期間 15年以上35年以内(1年単位) ※完済時年齢80歳未満 ※60歳以上の方がお申込みされる場合は10年以上 ※借換資金の場合は、35年から住宅取得時に借入した住宅ローンの経過期間を差し引いた期間
お借入対象の住宅に関する基準 次の基準を満たすことが必要です
床面積
・一戸建ての場合、住宅部分の床面積が70平方メートル以上であること
・共同住宅の場合、専有面積が30平方メートル以上であること
物件の価額
住宅の建設費(土地の取得費を含みます)、または住宅購入価額が1億円以内(消費税相当額を含みます)であること
建物に関する要件
(1)住宅金融支援機構が定める技術基準に適合する住宅
(2)一戸建て住宅建設の場合、竣工時に建築基準法に定める検査済証が交付される住宅
(3)共同住宅の場合、住宅金融支援機構が定める維持管理基準に適合する住宅
お借入金利 ・全期間固定金利
 ご借入金利はお借入時点における紀陽銀行所定の金利を適用します。
ローン金利一覧にてご確認いただけます。
ご返済方法 ・毎月元利均等返済
・ボーナス併用返済(お借入金額の40%以内)もご利用いただけます。
担保 ・住宅金融支援機構がご借入の対象となる建物およびその敷地に第一順位の抵当権を設定いたします。
・お借入の対象となる建物には長期火災保険にご加入いただきます。
保証人 ・保証人は不要です。
・担保提供者の連帯保証が必要です。
手数料 ご融資時に以下の手数料をお支払いいただきます。
お借入希望額が所要資金の9割以内・・・ご融資額の1.080%(消費税込)
(最低手数料108,000円(消費税込))
お借入希望額が所要資金の9割超 ・・・ご融資額の1.836%(消費税込)
(最低手数料108,000円(消費税込))
 取扱手数料54,000円(消費税込)の金利プランもございます。詳しくは店頭にてご確認ください。

証券化支援事業の流れ

上記の条件を満たしている場合でも、審査の結果ご利用いただけない場合がございます。

証券化支援事業の流れ 金利一覧 商品概要説明 ローンシミュレーション

ページの先頭へ戻る