1. 紀陽銀行ホーム>
  2. 残高・入出金明細照会サービス利用規定

残高・入出金明細照会サービス利用規定

(2019年4月現在)

本利用規定(以下、本規定)は、株式会社 紀陽銀行(以下、当行)が提供するアプリケーション「紀陽スマートアプリ」(以下、本アプリ)における「残高・入出金明細照会サービス」(以下、本サービス)の取扱いを定めたものです。お客さまは本規定のほか、当行が別途定める各関連規定等の内容を十分に理解・同意したうえでお客さまご自身の判断と責任において、本アプリを利用するものとします。

第1条 利用条件等

  1. 1.本機能の利用対象者は、当行に普通預金口座(総合口座を含む)をお持ちで、キャッシュカードをご利用の個人のお客さまのうち、本アプリをスマートフォンにインストールのうえ、本規定に同意された方とします。
  2. 2.本サービスの利用時間は、当行が別途定めた時間内とします。なお利用時間内であっても、臨時のシステム調整等の実施により、本サービスの全部または一部がご利用できない場合があります。
  3. 3.本機能の利用には、「パスコード」の設定が必要です。

第2条 残高・入出金明細照会

  1. 1.残高・入出金明細照会は、お客さまが登録された口座(キャッシュカード)の残高・入出金明細を表示するサービスです。なお、登録口座が総合口座の場合、総合口座定期預金の情報も併せて表示します。また、登録口座にキャッシュカード一体型カードローンのご契約がある場合、カードローン情報も併せて出力します。(※オレンジローンを除く)
  2. 2.残高・入出金明細照会によって取得した入出金明細データは、お客さまが利用するスマートフォン機器内に一時的に保存され、当行は保管しません。
  3. 3.お客さまが本アプリを削除、利用解除(退会・登録情報削除)した場合は、スマートフォン機器内に保存したデータはすべて削除されます。
  4. 4.利用可能な口座は、お客さま本人名義の口座とします。
  5. 5.照会期間は、お取扱い商品により異なります。

第3条 紀陽スマート認証サービスの利用について

  1. 1.本サービスは、本人認証のために紀陽スマート認証サービスを利用します。
  2. 2.紀陽スマート認証サービスのご利用により一定期間スマートフォン端末内の認証にてご利用になれますが、トークン情報(自動認証)の有効期限経過後は、改めて認証が必要となります。

以上

ページの先頭へ戻る