理由コードとその解決方法
理由コード
内 容 解決方法
A 00 数値・アルファベット・半角カナなどの入力方法が本来入力すべき形式になっていません。 金額欄に数字を全角で入力した。 入力欄に正しい値を入力してください。
(金額入力欄には全角数字、カナ、カンマ等は使用できません)
振込依頼人名を漢字で入力した。 振込依頼人名は半角でカナ、数字、大文字英字、.(ピリオド)、-(ハイフン)等入力可能
A 01 本来入力されるべき桁数で入力されていません。 振込で受取人番号を1桁で入力した。 受取人番号は3桁です。申込書に登録された番号で入力してください。
なお、受取人番号が3桁に満たない場合は、前に「0」(ゼロ)を詰めてください。(例:「001」)
振込依頼人名を20文字超で入力した。 振込依頼人名は半角20文字以内
B 00 ログインパスワード変更の際、使用できない文字が入力されました。 新しいログインパスワードに「-」を使用した。 ログインパスワードは、数字のみ、英字のみ、数字・英字混在のいずれか(半角のみ)で登録してください。なお、英字は大文字・小文字を判別しています。

また、「+」、「=」などの記号は使用できません。

確認用パスワード・ログインIDも同様です。
B 01 ログインパスワード変更時に規定された桁数に足りない又はオーバーしています。
ログインパスワードの変更の際に新しいパスワードを3桁で入力した。 ログインパスワードは6〜12桁で登録してください。
確認用パスワード・ログインIDも同様です。
B 03 お客様の入力されたログインパスワードが、ご登録いただいたものと異なります。 大文字で登録された英字のログインパスワードを、小文字で入力したなど、誤ったログインパスワードを入力した。
初めてご利用いただく方で、開始登録中に、B03となったお客様へ
仮ログインパスワードとは、申込書に記入された パスワードで、大文字の英字と数字を混ぜた6文字のパスワードです。
尚、開始登録中に「メールアドレス等登録画面」が 出たことがあるお客様は、パスワード変更が完了されて いますので、ご自身で変更されたパスワードをご入力ください。

既に携帯電話でサービスをご利用いただいているお客様へ
パソコンの画面で、仮ログインパスワードと指定している項目も、携帯電話で現在ご利用中のパスワードをご入力ください。

その他のお客様へ
ご自身で変更されたパスワードをご入力ください。

ログインパスワードに英字をご利用されているお客様へ
  英字は大文字・小文字を判別しています。

どの場合も、パスワードをお忘れになった場合は、当行所定の申込書で、「パスワードの再登録」が必要です。
B 04 パスワード変更の際、ログインパスワードの「現在のパスワード」と「新しいパスワード」が同一の値となっています。 パスワード変更画面で、「現在のパスワ
ード」と「新しいパスワード」欄の両方
に同じ値を入力した。
パスワード変更画面にて、パスワードを「変更する」を選択した場合は、「現在のパスワード」と「新しいパスワード」は同一の値を指定することができません。


ログインID・ログインパスワード・確認用パスワードは、それぞれ異なったものをご使用ください。

パスワードが 180日以上変更されなかった場合、セキュリティを高める為、パスワード変更をお勧めしますが、「変更しない」を選択することも可能です。お客様のご希望により「変更しない」を選択した場合はパスワード入力欄には何も入力しないでください。
B 05 パスワードの変更の際、ログインパスワードの「新しいパスワード」が「ログインID」と同一の値となっています。 パスワード変更画面で、「新しいパスワード」欄に「ログインID」と同一の値を入力した。 新しいログインパスワードに、「ログインID」と同一の値は指定できません。

ログインID・ログインパスワード・確認用パスワードは、それぞれ異なったものをご使用ください。

パスワードが 180日以上変更されなかった場合、セキュリティを高める為、パスワード変更をお勧めしますが、「変更しない」を選択することも可能です。お客様のご希望により「変更しない」を選択した場合はパスワード入力欄には何も入力しないでください。
B 06 誤ったログインパスワードを複数回連続して入力したため、一時的にご利用不可能な状態となっています。 大文字で登録された英字のログインパスワードを、小文字で入力したなど、誤ったログインパスワードを繰り返し入力した。 誤ったログインパスワードを連続6回入力すると一時的にご利用不可能な状態(ロックアウト)となります。ロックアウト中は、正しいログインパスワードを入力いただいてもエラーとなります。ロックアウトは、1時間経過すると自動的に解除されます。

ただし、3回連続してロックアウトとなった場合は、当行所定の申込書で「パスワードの再登録」が必要です。英文字の大文字・小文字は判別していますので、特にご注意ください。

なお、6回の(誤入力)カウント、および3回の(ロックアウト状態)カウントは、その間に1回でも正しい入力を確認できた場合には0にリセットされます。また連続6回とは、日付が変わっても累積されますのでご注意ください。
B 07 誤ったログインパスワード入力によるロックアウト状態が連続3回繰り返されたので、サービスを停止しました。 大文字で登録された英字のログインパスワードを、小文字で入力したなど、誤ったログインパスワードを繰り返し入力し、2回目の「B−06」の理由コードが表示されたが、その後も連続してパスワードを誤入力した。 誤ったログインパスワード入力により3回連続してロックアウトとなった場合は、自動的に解除はされません。当行所定の申込書で「パスワードの再登録」が必要です。
B 08 パスワード変更の際、新しいパスワードを入力した結果、「ログインパスワード」と「確認用パスワード」が同一の値となっています。 確認用パスワードの変更時にログインパスワードと同じ値を入力した。 「ログインパスワード」と「確認用パスワード」は異なるパスワードとしてください。

ログインID・ログインパスワード・確認用パスワードは、それぞれ異なったものを ご使用ください。
B 10 確認用パスワード変更時に使用できない文字が入力されました。 新しい確認用パスワードに「-」を使用した。 確認用パスワードは、数字のみ、英字のみ、数字・英字混在のいずれか(半角のみ)で登録してください。なお、英字の大文字・小文字を判別しています。

また、「+」、「=」などの記号は使用できません。

ログインパスワード・ログインIDも同様です。
B 11 確認用パスワードの変更時に規定された桁数に足りない又はオーバーしています。 確認用パスワードの変更の際に新しいパスワードを3桁で入力した。 確認用パスワードは6〜12桁で登録してください。

ログインパスワード・ログインIDも同様です。
B 13 お客様の入力した確認用パスワードが、当行に登録されたものと異なります。 大文字で登録された英字の確認用パスワードを、小文字で入力したなど、誤った確認用パスワードを入力した。
初めてご利用いただく方で、開始登録中に、B13となったお客様へ
  仮確認用パスワードとは、開始登録のご案内(インターネット支店は手続き完了のお知らせ)に載っているパスワードです。記載通り(英字は大文字)にご入力ください。
尚、開始登録中に「メールアドレス等登録画面」が出たことがあるお客様は、パスワード変更が完了されていますので、ご自身で変更されたパスワードをご入力ください。
既に携帯電話でサービスをご利用いただいているお客様へ
  パソコンの画面で、仮確認用パスワードと指定している項目も、携帯電話で現在ご利用中のパスワードをご入力ください。
その他のお客様へ
  ご自身で変更されたパスワードをご入力ください。
確認用パスワードに英字をご利用されているお客様へ
  英字は大文字・小文字を判別しています。
どの場合も、パスワードをお忘れになった場合は、当行所定の申込書で、「パスワードの再登録」が必要です。
B 14 パスワード変更の際、確認用パスワードの「現在のパスワード」と「新しいパスワード」が同一の値となっています。 パスワード変更画面で、「現在のパスワード」と「新しいパスワード」欄の両方に同じ値を入力した。 パスワード変更画面にて、パスワードを「変更する」を選択した場合は、「現在のパスワード」と「新しいパスワード」は同一の値を指定することができません。

ログインID・ログインパスワード・確認用パスワードは、それぞれ異なったものをご使用ください。

パスワードが 180日以上変更されなかった場合、セキュリティを高める為、パスワード変更をお勧めしますが、「変更しない」を選択することも可能です。お客様のご希望により「変更しない」を選択した場合はパスワード入力欄には何も入力しないでください。
B 15 パスワード変更の際、確認用パスワードの「新しいパスワード」が「ログインID」と同一の値となっています。 パスワード変更画面で、「新しいパスワ
ード」欄に「ログインID」と同一の値
を入力した。
新しい確認用パスワードには「ログインID」と同一の値は指定できません。 

ログインID・ログインパスワード・確認用パスワードは、それぞれ異なったものをご使用ください。


パスワードが 180日以上変更されなかった場合、セキュリティを高める為、パスワード変更をお勧めしますが、「変更しない」を選択することも可能です。お客様のご希望により「変更しない」を選択した場合はパスワード入力欄には何も入力しないでください。
B 16 誤った確認用パスワードを複数回連続して入力したため、一時的にご利用不可能な状態となっています。 大文字で登録された英字の確認用パスワードを、小文字で入力したなど、誤った確認用パスワードを繰り返し入力した。 誤った確認用パスワードを連続6回入力すると一時的にご利用不可能な状態(ロックアウト)となります。ロックアウト中は、正しい確認用パスワードを入力いただいてもエラーとなります。ロックアウトは、1時間経過すると自動的に解除されます。

ただし、3回連続してロックアウトとなった場合は、当行所定の申込書で「パスワードの再登録」が必要です。英文字の大文字・小文字は判別していますので、特にご注意ください。

なお、6回の(誤入力)カウント、および3回の(ロックアウト状態)カウントは、その間に1回でも正しい入力を確認できた場合には0にリセットされます。また連続6回とは、日付が変わっても累積されますのでご注意ください。
B 17 誤った確認用パスワード入力によるロックアウト状態が連続3回繰り返されたので、サービスを停止しました。 大文字で登録された英字の確認用パスワードを、小文字で入力したなど、誤った確認用パスワードを繰り返し入力し、2回目の「B−16」の理由コードが表示されたが、その後も連続してパスワードを誤入力した。 誤った確認用パスワード入力により3回連続してロックアウトとなった場合は、自動的に解除はされません。当行所定の申込書で「パスワードの再登録」が必要です。
B 20 サービス開始登録で口座番号欄に数字以外の文字を入力しています。 サービス開始登録の画面で、口座番号欄に全角の数字やアルファベットを入力した。
口座番号は7桁の数字(半角)のみです。6桁以下の口座番号の場合は、前に「0」を詰めてください。
B 22 サービス開始登録で誤った口座番号が入力されています。 代表口座番号入力で7桁以外で入力した。または、申込書でご指定された代表口座番号以外の番号を入力した。 代表口座番号の入力は7桁でご入力ください。6桁以下の口座番号の場合は、前に「0」(ゼロ)を詰めて7桁(例:0001234」)としてください。
なお、申込書でご指定された代表口座番号は、当行からの「開始登録のご案内(インターネット支店は手続き完了のお知らせ)」にも載せております。
B 33 ログイン時、ご登録いただいたログインID以外の番号が入力されました。 ログイン時に誤ったログインIDを入力した。 取得されたログインIDをご入力ください。ログインIDに英字をご利用になった場合は、大文字・小文字を判別していますのでご注意ください。未だ取得されていないお客様は【ログイン画面】の「ログインID取得」から始めてください。
B 34 サービス開始登録の各入力画面で、ログインパスワードまたは確認用パスワードを複数回連続して誤入力されたので、一時的にご利用不可能な状態となっています。 サービス開始登録の各入力画面で、大文字で登録された英字のログインパスワードを小文字で入力したなど、誤ったパスワードを繰り返し入力した。 誤ったパスワードを連続6回入力すると一時的にご利用不可能な状態(ロックアウト)となります。ロックアウト中は、正しいパスワードを入力いただいてもエラーとなります。ロックアウトは1時間経過すると自動的に解除されます。

ただし、3回連続してロックアウトとなった場合は、当行所定の申込書で「パスワードの再登録」が必要です。英文字の大文字・小文字は判別していますので、特にご注意ください。

なお、6回の(誤入力)カウント、および3回の(ロックアウト状態)カウントは、その間に1回でも正しい入力を確認できた場合には0にリセットされます。また連続6回とは、日付が変わっても累積されますのでご注意ください。
B 35 サービス開始登録で、ログインパスワードまたは確認用パスワードの誤入力によるロックアウトが連続3回繰り返されたので、サービスを停止しました。 サービス開始登録の各入力画面で、大文字で登録された英字のログインパスワードを小文字で入力したなど、誤ったパスワードを繰り返し入力し、2回目の「B−34」の理由コードが表示されたが、その後も連続してパスワードを誤入力した。 サービスを停止しました。自動的に解除はされませんので、当行所定の申込書で「パスワードの再登録」が必要です。
B 73 ワンタイムパスワードが誤っています。 ・ワンタイムパスワードを表示している端末(スマートフォン、携帯電話)の日時が正しく設定されていない。

・誤ったワンタイムパスワードの入力
スマートフォン、携帯電話の日時を正しく設定し、再度ログインしてください。




表示されているワンタイムパスワードを正しく入力してください。
B 77 誤ったワンタイムパスワードの複数回連続入力(自動入力)により、サービスを停止しました。 ・ワンタイムパスワードを表示している端末(スマートフォン、携帯電話)の日時が正しく設定されていない。

・「B73」が表示されたが、その後も誤ったワンタイムパスワードを連続して入力(自動入力)した。
誤ったワンタイムパスワードが10回連続入力(自動入力)された場合、自動的に解除はされません。当行所定の書面手続きが必要です。
TOPへ戻る
閉じる