1. 紀陽銀行ホーム>
  2. ためる・ふやす>
  3. 投資信託>
  4. 投資信託はじめてガイド

投資信託はじめてガイド

投資信託に関するご留意点

投資対象の性格

投資信託は、株式・債券・REIT(不動産投資信託)などに投資しています。

株式 企業が資金調達をする際に発行する有価証券のことです。企業に出資することとなるため、企業の業績に応じて配当金や将来の値上がり益が期待できます。
債券 国や企業などが発行する借用証書のことです。償還期間は1年未満の短期のものから10年以上のものもあります。クーポン(所定の利子)収入、償還差益、売買益が期待できます。
REIT (不動産投資信託) 投資家から集めた資金を主に不動産などで運用する投資信託のことです。オフィスビル、住宅、ショッピングモール、物流施設等の不動産への運用を行い、賃貸収入や売却益などを投資家へ分配します。

ファンドのご相談・ご検討・ご購入

投資信託の相談・検討をしたい方は

店舗でご相談

紀陽銀行の投信専門の担当者があなたの投資目的に合わせたアドバイスを適切にさせていただきます。

  • 店舗検索

購入するファンドがお決まりの方は

インターネットでのご購入

  • 紀陽モバイル・インターネットバンキング お振込・お振替・投資信託のお取引き
  • サービスのご案内
投資信託に関するご留意事項
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 投資信託は元本および分配金が保証されているものではありません。
  • 当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は株式、公社債などの値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。(外貨建資産に投資するものはこのほかに為替変動リスクの影響により基準価額が変動します。)したがって、元本を下回り、損失を生じるおそれがあります。
  • 投資した資産の減少を含むリスクは投資信託をご購入いただいたお客さまに帰属します。
  • 投資信託は当行が販売の窓口となり、投資信託委託会社が資金の運用を行います。
  • 投資信託には、ご購入時のお申込手数料(申込金額等に対し、最大3.30%(税抜3.00%))ならびに換金時の信託財産留保額(基準価額に対し最大0.5%)が必要となり、保有期間中は信託報酬(純資産総額に対し最大年率2.20%(税抜2.00%))と監査報酬、売買委託手数料などその他の費用(運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額を表示することはできません。)を信託財産からご負担いただきます。
    実際の費用の種類・額および計算方法はファンド毎に異なりますので、「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面(投資信託)」でご確認ください。これらの手数料・費用等の合計額については、申込金額や保有期間等に応じて異なりますので表示することはできません。
  • お申し込みの際は、「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面(投資信託)」等をご覧いただき、必ず内容をご確認のうえ、お客さまご自身でご判断ください。
    「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面(投資信託)」は当行の本支店等にご用意しています。ただし、インターネット投資信託専用ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面(投資信託)」は窓口にご用意しておりません。≪インターネット投資信託≫の電子交付(目論見書ダウンロード)により内容をご確認ください。

※消費税等相当額を付加した各種料率は、消費税率に応じて変更となる場合があります。

株式会社 紀陽銀行
登録金融機関 近畿財務局長(登金)第8号
加入協会 日本証券業協会

ページの先頭へ戻る