女性の活躍推進への取り組み

「均等両立推進企業表彰 和歌山労働局長優良賞」を受賞

従業員とともにイメージ

平成21年6月に「女性が自らの選択によりキャリアアップを志し能力を十分に発揮できるよう、育成・登用を図るとともに、継続的に活躍しやすい環境作りに取り組むこと」をポジティブ・アクションとして公表し、女性のキャリア形成などを支援してまいりました。
紀陽銀行では、専門分野に特化したキャリア開発をおこなうコースやエリアを限定した勤務が可能となるコースを含め、各コース間の異動希望に柔軟に対応する制度を構築し、行員のライフステージに応じた幅広いキャリアプランの選択を可能としており、資格別研修などを通じてキャリア意識の醸成に努めた結果、多くの女性行員が当制度を利用してキャリアアップを果たしております。また、従来女性担当者の割合が少なかった営業部門や融資部門などへ積極的に配置し、女性行員の職域を広げてまいりました。このような取り組み成果が認められ、平成24年10月には、厚生労働省主催の平成24年度均等・両立推進企業表彰の均等推進企業部門において、「和歌山労働局長優良賞」を受賞致しました。
今後とも制度や環境面の充実に取り組み、女性行員の能力を最大限に発揮できる職場環境の実現を目指してまいります。

「女性活躍推進法」に係る行動計画の策定

株式会社紀陽銀行は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、下記の通り行動計画を策定いたしました。
女性の活躍推進は、お客さまへのサービスの質の向上、組織活性化による新たな価値の創造につながる重要な経営課題であると考えています。
紀陽銀行では、かねてより積極的に女性の職域拡大、研修等による能力開発やキャリア意識の醸成、管理職への登用に取り組んでまいりました。今回の行動計画の実施により、さらに女性が活躍できる銀行となるよう、取り組みを加速させてまいります。

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく
株式会社紀陽銀行 行動計画

1.計画期間

平成28年4月1日〜平成30年3月31日

2.当行の課題

課題1: 営業や融資、企画部門等、女性の職域拡大を進めるなか、今後、管理職、経営職を担う女性のさらなる創出のためには、女性活躍に対する行内のコンセンサスを一層高め、組織が一体となって取り組む体制を確立する必要がある。
課題2: 男女とも仕事と家庭の両立を実現しながらキャリアを形成していくためには、両立支援制度を利用しやすい職場環境づくりが求められる。
課題3: 男性と比較すると、女性の昇進・昇格意欲が低い傾向にあるため、女性が抱いているキャリアアップに対する不安の解消、キャリア意識の醸成に取り組んでいく必要がある。

3.目標

目標:女性役席者数(チーフを含む)を100名以上とする。

4.取組内容

取組1:女性活躍推進の必要性や推進方針、取組内容について情報を発信し、行内に浸透させる。

平成28年 4月〜 女性活躍推進の必要性、推進方針について、全店長会にて経営トップよりメッセージを発信する。
各階層に応じ、集合研修で両立支援、女性活躍推進の具体的な取組内容を周知する。

取組2:男女共に両立支援制度を利用しやすい職場環境づくりを行う。

平成28年 4月〜 月4回のノー残業デーの徹底を継続実施。
男性の育児休業の取得を推奨する。
育児休業取得者と上席を対象とした育休取得前研修、職場復帰前研修を実施する。
考課者向けの研修において、時間あたりの生産性の評価を徹底する。
平成28年10月〜 従業員組合と共同で「ワーク・ライフ・バランスブック」を作成し、配布する。

取組3:女性向けに、上位の職位・職務へのキャリア意識醸成に向けた取り組みを実施する。

平成28年 4月〜 CA職2年目行員を対象に、総合職エリアコースへの転換を促すキャリア研修を継続実施。
若手女性行員に対し、ロールモデルの紹介やキャリア研修等を行い、キャリアイメージの早期形成、総合職コースへの転換を促進する。
管理職手前の女性行員(サブチーフ・チーフ等)を対象に、管理職となっていくためのマインド形成、キャリア意識醸成を目的に研修を実施する。
管理職層を対象に、より上位職を目指すためのマネジメント研修を実施する。

以 上

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。
女性活躍推進法に基づく行動計画公表サイト

ページの先頭へ戻る